アイタタァ。
ダルが満塁弾浴び引き分け/試合終了
<ロッテ4─4日本ハム>◇24日◇千葉マリン
 日本ハムは3回表無死二塁から、田中賢の右前打で先制した。なお2死一、二塁から木元の左前打で1点を加えた。
 ロッテは4点を追う6回裏、日本ハム先発のダルビッシュから安打と四球で2死満塁の好機をつくると、ズレータの1号満塁弾が出て、同点に追い付いた。
 7回表の途中に雨が強くなり中断。30分間後にコールドゲームで引き分けとなった。
[ニッカンスポーツ2007年3月24日22時10分]

f0098741_123271.jpg 気がついたらもう開幕戦なんだね。昨日知ったんだな。
 ダルビッシュは素晴らしい出来だった。文字通りズレータへのあの1球だけだ。あの1球だけが悔やまれる。それまでのズレータへの投球じゃなかったな。でもその後はすぐに立て直しが出来ていたようだし、次の回には反撃のチャンスが作れていたので、もう少し続けたかった。このまま続けても決して負けるような雰囲気はなかったな。
 夜のスポニューで解説者の川崎氏が発言していた「あの場面での四球で満塁になってのズレータは、ある程度計算なので、ダルビッシュとすればむしろタイムをとって流れを切らないで欲しかたんじゃないか」というコメントが当てはまるように思う。細かい配慮というか、信二はあそこで1球思い切り外しても良かったと思うな。
 ダルに隠れてしまったが、この試合で良かったことは坪井がファインプレーとタイムリーで活躍したことだ。新庄が抜けて外野争いが激化だが、坪井の活躍と打者転向の糸井、新人・金子洋平らの競争がかなり楽しみなのである。
 まあとにかく負けなかったのだ。
[PR]
by junbronson | 2007-03-25 01:49 | baseball
<< 期待しています。 デッサン・小山正明投手 >>