<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
年末絵画制作2
f0098741_16475979.jpg

仮眠のあと、午後からまた年賀状のあれこれをやりつつ、絵画制作。
なんちゅう大晦日だ。

本日の制作はここまで。
頭の中にあったイメージをそのまま描いているのが今回は上手く行ってるようで
早いペースで出来上がりつつある。まあ小品(F3号)だからな。

遅くなったがこれから柏へ帰省。帰省の支度もまた大変なり。

では今年はこれでおしまい。
来年もよろしくお願いします。
[PR]
by junbronson | 2009-12-31 16:47 | art
年末絵画制作1
f0098741_15482677.jpg

バッグ製作の方は何とか無事終了(もっとも年内予定で出来なかったオーダーが何本もあるけど)。

さて今度は年賀状のプリントと小さい絵展の方の小品制作である。

年賀状は全く考える時間がなかったので展覧会時の作品写真で済ませる。
プリントと平行して絵画制作。

朝方までやって洗濯と朝飯を作ってその後3時間程睡眠。



クリックどん!--->
人気ブログランキングへ
[PR]
by junbronson | 2009-12-31 15:48 | art
年内最終の製作状況
f0098741_314824.jpg

絶対に間に合わせなければならないメーカー依頼ものが何とか間に合いそう。
徹夜の賜物であるな。
しかし、最後に付ける引手に使う小カシメが不足に!金メッキのは在庫してなかったんだな。
うーん、どうしたものか。
ワンサイズ上のカシメにしちまおうかな、。


クリックどん!--->
人気ブログランキングへ
[PR]
by junbronson | 2009-12-30 03:14 | bag
製作状況
f0098741_1411645.jpg

殺人的に忙しくなってしまっている。
すぐに金にならない件の急ぎのものがあったことで、身動きもし難いのである。
こういう状況で、作りにくい、考え考え作る必要のものと、
年内(数日中に)に送らないといけないものがあって、焦りで血が沸いたような感じである。
年賀状なんて全く考える余裕なし!
[PR]
by junbronson | 2009-12-28 01:41 | bag
トタン屋根の上で町内を眺める。
昔住んでいたハンドバッグ工場(兼住居)は緩やかな傾斜のトタン屋根で、我が家が使っていた居住部分の物干し台をがんばって跨ぐと出られた。
幼稚園児には勿論キケンなんだけど、屋根の際に近付かないようにすれば大丈夫。子供には充分広かった。何といっても傾斜が緩やかなので過ごしやすかったのだ。
屋根は深い緑色で、当時大好きだったサンダーバード2号のコンテナみたいな感じがするところも気に入っていたんだ。

小学1年の冬に隣の町内に越してしまったのがちょっと残念だった。自分ちが持ち家になるのは勿論嬉しいことだったけど、新築のその家は平屋で、屋根に登ることももう出来なくなってしまった。
[PR]
by junbronson | 2009-12-23 02:06 | memory
キャンバス地塗り2
f0098741_2411566.jpg

忙しくて暫く間が開いたが、キャンバスの地塗りの続きをする。
キャンゾール(油を調整したもの)を塗って乾かす。
冬は乾燥に時間がかかるので困りものだね。




クリックどん!--->
人気ブログランキングへ
[PR]
by junbronson | 2009-12-19 02:41 | art
アートフェス計画の会合
先々週から何かと慌ただしく、友人のクロッキー展に行かれず。
すぐに金にならないものばかり急ぎの仕事になっていて、本当にやりくりに困る。

ちょっとした縁でアートフェスの実行委員みたいな感じの手伝いの誘いがあり、
夜だったので何とか仕事をやりくりして会合に行って来た。
まだ何一つ具体的には決まっていない話なので何とも言えないが、
面白いものにしていけたら良いなと思う。





クリックどん!--->
人気ブログランキングへ
[PR]
by junbronson | 2009-12-15 02:24 | art
キャンバス地塗り
f0098741_0473728.jpg

仕事の合間を縫ってキャンバス地塗りをする。
今回はF25と広幅のF3が4枚とSMを1枚。




クリックどん!--->
人気ブログランキングへ
[PR]
by junbronson | 2009-12-11 00:47 | art
左投げ右打ちになった理由
まだ幼稚園児の頃、近所の友達と野球の真似事をして遊んでたのだ。
ある日、その子のお父さんがバットの使い方を教えてくれたのだけど、僕が左利きだという事は知らないので、当然右打席で教えてくれた訳だ。
ボールは左で投げてるんだけど、そのお父さんは気が付かなかったんだろうね。
僕も素直に覚えたのだった。何しろ知らない事だったから。

幼稚園に入って字を勉強する時には、右手で書かせる事に物凄く抵抗して、とうとう園長先生も匙を投げたほど頑固だった。だけどバッティングのしやすさなんて分からなかったんだね。


という訳で長いこと右打だったのを今年直したのである。
[PR]
by junbronson | 2009-12-04 15:37 | memory
銀座 木版画展
f0098741_21545570.jpg

11/26
今日しか行かれる日がないので、仕事的にはしんどかったけど銀座へ。
創画廊・こだまみわこ木版画展を観に行く。
彼女はムサビの1年後輩で、卒業後は郷里の北海道に戻り油彩から木版画に転身して製作しているのだ。
こっちでも定期的に発表しているということを数年前に知ったので、今回観に行ったという訳だ。
小品はメルヘンチックな作風だがベニヤ全判サイズの大作が良かった。
この大きさでバレンの手刷りとはホントに力作である。
卒業以来の再会で、懐かし話を暫しして40分ばかりお邪魔する。

他にツープラスとゆう画廊に寄ってちょっと立ち話。

帰りにビックカメラに行き、宛名職人16 UG版を購入。他にMac関連を色々見て回ってから帰る。
[PR]
by junbronson | 2009-12-01 21:54 | art