<   2009年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧
描くひと展2009開催のお知らせ
f0098741_18302655.jpg

描くひと展2009に参加します。

描くひと展2009
2009年11月1日(日)〜11月7日(土)
12:00~19:00(最終日17:00まで)

オーライタロー/ 板 泰司 / 鈴木 至
樺山カナヤ真理/ 清野浩二 / イトウジュン

東京都中央区銀座3-8-17
  ホウユウ ビル5・6F (松屋裏2本目通り)
Tel&Fax:03-3561-1376
Open:月〜土 12:00〜19:00 (最終日17時まで)

毎年開催しています。

ゆう画廊




クリックどん!--->
人気ブログランキングへ
[PR]
by junbronson | 2009-10-31 00:00 | art
油彩画制作:F30号2-2
f0098741_505119.jpg

透明感を意識しつつ制作。
[PR]
by junbronson | 2009-10-28 05:00 | art
ボブ・ディランのニューアルバム!

Christmas in the Heart

Bob Dylan / Columbia




ボブ・ディランのコメント:
「この国(アメリカ)だけでも3,500万人以上 -その内1,200万人以上の子供たち- がお腹を空かせたまま眠り、起きても食事がままならないという悲劇があります。私はFeeding Americaの善意ある人たちに参加し、今年のホリディシーズンに貧困層の人々への食糧を確保する我々の努力が実ることを願っています。」

Feeding America代表Vicki Escarraのコメント:
「私たちがボブ・ディランに接触したときは、私たちの目的の為に 彼がこのアルバムの収益を気前よく全額寄付してくれるとは全然期待していませんでした。第一線で活躍する世界に有名な一人であり、文化偶像的なアーティストが直に多数の人を援助するのです。この事が大きな影響を与え、アメリカと世界中でいつまでも飢餓は続いてると大勢の人々に認識していただくきっかけとなるでしょう。」
$このアルバムの収益は永続的に寄付金となります。

ということで買ってしまいました。
それにしても、「サンタがやってくる」だの「Winter Wonderland 」といったクリスマスソングを、それもディランが歌うって、。バックもコーラスが入ったりして普通です。それでガチで歌ってます。
Feeding Americaへの寄付への賛同は素晴しいことです。
それもあるけどこれはやっぱりディランがクリスマスソングを歌いたくなっちゃった、ということなんでしょう。
ディラン・ファンの僕らは、ただただ聴くしかありません。
[PR]
by junbronson | 2009-10-26 12:28
CS優勝!日本シリーズ進出!
f0098741_1502163.jpg

東北楽天を4勝1敗で下し、我が日ハムがクライマックス・シリーズ優勝!

今年のCSは全て素晴らしい試合であった。
4勝1敗という結果以上に肉薄した接戦で、本当に見応えのある5試合だった。
8回裏の楽天ピンチでのリリーフ岩隈・藤井バッテリーという最高潮の勝負!そこでスレッジが見事なスリーランホームラン!完全に楽天に引導を渡す決定打になった。
これで解任となる野村監督は、稲葉選手の音頭で両軍選手からの胴上げというフィナーレとなった。感動しました!ありがとうございました。

セ・リーグも読売ジャイアンツに決まった。
さあ、これで81年のリベンジである。応援に行きたいです!
[PR]
by junbronson | 2009-10-25 01:50 | baseball
リアルお店屋さんゴッコ
幼稚園の頃、隣の子と段ボールいっぱいの革のがま口(小銭入れね)を使ってお店屋さんゴッコをしてた。
壊れたものや不良品などの、いらない財布なんだけど、何しろ工場にはそういうものが色々あるのだ。
それらを箱に並べて、大売り出しって訳だ。
「いらっしゃい、本革の財布だよー。」
その通りだからね。
それに飽きると、がま口をショベルカーに見立てて泥遊びである。
何だか贅沢な貧乏遊びだね。
[PR]
by junbronson | 2009-10-24 02:21 | daily life
油彩画制作:F30号2-1
f0098741_1452795.jpg

2枚目のF30号も制作に取り掛かる






クリックどん!--->
人気ブログランキングへ
[PR]
by junbronson | 2009-10-23 01:45 | art
合唱コンクール
f0098741_192732.jpg

上の子の中学ではルネこだいらで校内合唱コンクールを開催する。
近隣の公立中はみんなそうなんだろう。
午前中に二年の発表があった。
全6クラスのうち、際立って上手いのが1組、声が大きかったのが1組。あとは大体ダンゴ状態。
うちの子のクラスは3位か4位か、ってところかな。
[PR]
by junbronson | 2009-10-23 01:09 | daily life
油彩画制作:F30号 3
f0098741_1844938.jpg

仕上げにかかる。
[PR]
by junbronson | 2009-10-22 18:04 | art
六本木から銀座へ。
新美術館を4時過ぎに発つ。
今日のもう一つの目的は、描くひと展DM配りである。

数寄屋橋を過ぎて中和ギャラリーから始めて、南下。8、7、6丁目の南側を回る。
1丁目のツープラスで一息ついて北上。13〜4箇所の画廊にDMを置いてもらった。
その間観た中では十一月画廊・岸田ますみ展、東京画廊・高橋淑人展、藍画廊・下嶋知子展などが興味深かった。
少しだが話をさせて頂いた東京画廊のオーナー、作家の下嶋さんは心に残った。久々にお会いしたギャラリーゴトウのオーナーも。

配りたい画廊はまだあるがDMが残り僅かなので終了。ちょうど7時過ぎたし。
疲れた足で帰る。
[PR]
by junbronson | 2009-10-22 00:11 | art
新美術館〜松本陽子/野口里佳展
f0098741_554647.jpg

独立展を出てすぐ「光 松本陽子/野口里佳」に入る。

松本陽子作品は学生の頃から好きで、制作スタイルを真似するとまでは言わずとも意識の隅にいる、といった作家の一人だ。
代表的な8〜90年代のピンクの作品群は、壮観である。
ただ、アクリルが乾くまでに一気に描いたり拭き取ったりする手法からわかるように、絵の具の層が薄く、それがベースの白が光のような効果をもたらしているのだけど、今の自分には少し物足りない印象に感じた。
それは最近特に感じるアクリル絵の具の弱さなのか。
僕はもっと絵の具の厚みがある絵の方が好きなようだ。

最近は身体を悪くして、床に置いて描く事が出来なくなってしまったそうで、油彩画の抽象に転換していた。
油彩で描けば良いのにと勝手に思いながら会場を進んでいたので、実際そうなったのを観て納得。
でももう少し拭き取る手法も残して、明るい画面にした方が良いような気もするのであった。
[PR]
by junbronson | 2009-10-21 05:05 | daily life