<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
『ライン#005_20071021』
f0098741_21473115.jpg

『ライン#005_20071021』 イトウジュン  ケント紙、鉛筆 A4
[PR]
by junbronson | 2007-10-31 21:48 | art
『ライン#003_20071014』
f0098741_1752944.jpg

 『ライン#003_20071014』 イトウジュン  ケント紙、鉛筆 A4
[PR]
by junbronson | 2007-10-31 17:08 | art
『ライン#001_20071014』
f0098741_1755333.jpg

『ライン#001_20071014』 イトウジュン  ケント紙、鉛筆 A4

ここのところケント紙に鉛筆でドローイングを描いている。これは川のような道のようなラインのあるシリーズ。油彩の習作的な意味合いもあるけど、鉛筆でゴリゴリ描くこと自体を楽しむような感じで描いている。
[PR]
by junbronson | 2007-10-30 18:09 | art
デッサン 尾崎行雄投手
f0098741_1421148.jpg 尾崎行雄投手 東映フライヤーズ 1962年”ルーキー”
 (東映ー日拓)

 浪商高二年、夏の甲子園で優勝投手となり、中退して東映に入団した17才ルーキーで「怪童」と呼ばれ話題となった。この年に20勝9敗・防御率2.42で新人王を獲得、水原東映の日本一に貢献した。入団からの六年間で20勝以上を4回、104勝を挙げるが、肩を壊したことと指先に血マメが出来る持病があったこともあり68年以降は3勝を挙げたのみ。73年、わずか28才で引退する。ナインからは「チビ」の愛称で親しまれた。球種のほとんどがストレートという豪速球投手の代表格。
 引退後は球界には留まらず浅草でレストラン経営ののち、スポーツ関係の会社に勤務。少年野球の指導や、マスターズリーグの東京ドリームスに参加するなど活動している。


久しぶりに野球選手シリーズをUP。
[PR]
by junbronson | 2007-10-30 02:51 | art
石膏像
f0098741_233524.jpg 石膏像を購入した。ブルータス、モリエール、ジョルジョの3体。
 というのは正確には嘘。これは¥200-のガチャガチャである。最近密かに集めているんである。いや、これを見つけた時は笑った。これが中々精巧な造形で侮れないのだ。こんなところに職人魂を感じる事が出来るのが日本の良さである。

 日本シリーズも1勝1敗と、最初の札幌2連戦は勝敗を分けたが、中日優勢だ。ダルビッシュは向かうところ敵なしだが、彼は1人しかいない。相変わらずの貧打線が極貧打線になっちまってるのをどうするかだな。セギノールが当たってるのが唯一の希望だもんな。
[PR]
by junbronson | 2007-10-30 02:19 | art
雨の芸祭
f0098741_15154421.jpg 今日は台風の影響とやらで朝から雨である。下の子を養護学校まで送った後、ケント紙を買いにムサビへ行く。
 ムサビ正門前の道路に警備員がやけにいるなと思ったら芸祭をやっていたんである。文化の日を絡めた日程にすりゃいいのに。それにしてもどしゃ降りだ。在校生はともかく、さすがに外からの客はまばらのようだ。まあ平日だしな。
 世界堂でケント紙と油彩用の描画メディウムなんかを買った後、朝メシを食べてなかったので12号館地下の学食に入る。10時過ぎなのでブランチか。今はなき「風月」が恋しいところだな。
f0098741_15522726.jpgついでに「五美術大交流展」なるものを同じ地下の展示室でやっていたので観覧。センスはあるけど画力が追いついてなかったり上手いけど見せ方が下手だったり。うん、まあ学生らしい感じだな。
 コインPの1時間内で帰るつもりだったので他の展示はパスしてふらっと回って帰る。パンフをタダで配っていた。自分らの頃は有料だったけど。
[PR]
by junbronson | 2007-10-26 23:59 | art
ひさびさの試合
f0098741_0124245.jpg2日間の徹夜明けに鞭打ってBobsの試合に行く。道満グリンパークまでは、MTBで新小平駅〜武蔵野線・西浦和駅〜MTBと折畳みMTBを活用。自転車バッグも事前に制作してあるのだ。約40分で到着と、思いのほか早く行かれる。駅内での持ち運びは重くてシンドいけどこれは便利である。
本日はメガロリーグ。ボルメッツ戦とレンジャーズ戦の2試合である。2試合目は5回まで6点差リードされながらもその裏に8点取り逆転勝利に持ち込むナイスゲーム。自身は代打出場でセンター前ヒット。
f0098741_0132436.jpg2試合目の終盤は、日没コールドかという状況だったが、何とか最後までゲームが出来た。グランドをならして着替える頃にはもうほとんど顔が見えないくらいの暗さ、さすがにもう秋である。
行きにバタバタしたせいでMTBのライトを忘れた。仕方がないので帰り道のコジマ電気で小降りのLEDライトを購入(¥780-)。自分のMTBに付けてるライト用のアタッチメントはある程度の口径があればどれでも取り付けられるタイプなので助かった。
f0098741_014056.jpg 今週は都心に出られる日が作れず、唯一出掛けられた日だったんだが、他に友人が参加してるグループ展を観に銀座へ行く予定も入れたかったんである。6時過ぎまで戸田にいたので実現出来ず残念無念。1試合目に思いっきり出場出来てれば早退したんだけどなあ。初心者新参者は中々自由が利かないんである。
セ・リーグのCSで読売が3タテ食らって敗退したのも残念。これで東京ドームで日本シリーズ観戦・81年の雪辱を晴らすってことも幻に終った訳だ。およそ初めてジャイアンツ応援したんだけどな。チームメイト曰く「日頃やりなれない巨人の応援なんてするから負けたんじゃない?」そうっすね、。また中日とかあ。
[PR]
by junbronson | 2007-10-22 00:58 | baseball
ファイターズV2!!!!!!!!!!
f0098741_556214.jpg
f0098741_5565755.jpg
f0098741_5581091.jpg 今年はレギュラーシーズンも面白かったがCSは特に素晴らしいゲームだった!両チーム全く互角のガチンコ勝負でどちらが優勝してもおかしくない、死力を尽くした名勝負。最後は我がチームが勝利したが、敗れた千葉ロッテも素晴らしかった!両者ともお互いを誇れるゲームだったということが、最後に両チーム全員がグラウンドで讃え合い抱き合う姿に象徴されていた。こんな光景は今まで見たこと無い。小学5年からファンであるこの2球団、こんなにも誇り高いチームになったんだなあ。チクショウ泣かせるなあ。やったーV2!感激した!シンジテマシター!
水割り飲みながらTVで応援も終了後は徹夜で仕事!でも嬉しいからそんなの関係ない!
[PR]
by junbronson | 2007-10-19 06:14 | baseball
オーダーメイドバッグ。
f0098741_22432455.jpg 外見はシンプルなブリーフケースタイプにみえるが、前胴側の収納部は中で上下に仕切になっており、下は折畳み傘入れとして使用出来る。上部は3段の仕切ポケット付。
 本体内部には小型ノートPCを収納するパッド入りポケットと仕切ポケット、メッシュポケット付。通常使用はリュックということで固定のリュックショルダー、ハンドル、脱着式ショルダーの3Way。素材はナイロンPVC×牛革付属。f0098741_225014100.jpg
[PR]
by junbronson | 2007-10-17 22:54 | bag
梨田新監督・CS初戦勝利
 梨田新監督に決定のようである。白井一幸コーチの昇格で良いんじゃないのと思ってたが、これはこれでよろしいのである。「僕には生まれ育った神の国、島根というふるさとがある。でも、野球のふるさとはもうないんだよ。だから日本ハムから声を掛けてもらったことはありがたく思っているし、また野球ができるという幸せをしみじみと感じている。」これは泣けてくるコメントである。そう、彼には(バファローズOBには)野球の故郷がもうないのだ。かのコンニャク打法のように柔らかでしなやかなコーチングを期待してる。

 ダルビッシュは”今季最悪の出来”と言いながら、結局は2失点完投。さすがはエース、充分すぎる活躍である。確かにGAORAで解説の光山英和氏も「かなり調子悪い」と言っていたが、中盤で打たせて捕るような、力をセーブした投球になってから逆に打たれなくなった。こういうところってホント野球は面白いなあ。鶴岡のリードが冴えてたってことだな。「13安打で5点取って欲しいね。」という淡口コーチの言葉通りになって、言うことないね。それにしても光山氏の解説は良いなあ。
[PR]
by junbronson | 2007-10-14 02:13 | baseball