<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
寒い一日、相変わらず仕事。
f0098741_23324798.jpg
 夜中にGAORAでファイターズ優勝特集を放送していた。録画しようと思っていたが仕事で色々してるうちに時間が過ぎてしまう。夜中の2時半なのに間に合わないとは、。仕方なく後半の15分ほどを観てかなり遅くに寝る。そんなこんなで今朝は10時頃に起床した。寒い。
 それで今日はバケツバッグの仕上とずーっと待たせてしまっているオーダーのブリーフケースの型紙作成をする。ちょっと腰が痛いせいかローテンションな感じで一日過ごす。
 春からずっと半徹夜のような状態で仕事してて軽くうんざりである。仕事があることは有り難いことだけど。油絵を描く時間を何とするかなあ。とりあえず作品の部分画像などをUPしてみる(『outfield2005-2007』)。
[PR]
by junbronson | 2007-09-30 23:58 | art
最高のレギュラーシーズン優勝
f0098741_12133935.jpg 家事や仕事で都合が付かず、千葉マリンには行かれなかったが、仕事をしながらTVで応援する。中盤までの中々チャンスを作れない展開も、毎度のことなので平常心で観戦。先発スウィーニーも粘りの投球で最高のピッチングを見せてくれた。6回表の先制点もダブルプレーの間の得点と何ともウチらしい。7回表、稀哲の稲葉のナイスラン、その直後の稀哲の犠牲フライで勝利を確信した。9回表の集中打の6得点は今季の集大成のよう。またもホームランなしの、殆どが単打による全員野球である。ダルと稲葉が柱になったとはいえ、突出したスターのいない、全員がヒーローである。
f0098741_1253598.jpg
 小笠原、岡島の移籍、新庄の引退と昨年活躍した柱が3人も抜け、シーズンが始まっても金村、八木の怪我・不調、マイケルの怪我、新外国人打者の不振と、およそ上位を狙えるような材料の少なかった4〜5月頃を振り返っても、Aクラス入りしCS出場で何とか勝ち上がることは信じていたが、シーズン1位優勝を成し遂げるとはさすがに思っていなかった。この優勝は本当に素晴らしい。そして終盤、上位のソフトバンク、千葉ロッテに対して最高の形で勝利出来たことは、CSでの戦いにもかなり有利になるだろうなあ。
f0098741_12553331.jpg 今日、千葉マリンに応援に行った友人と電話で喜びを分かち合う。ああ本当に2連覇したのかあ。嬉しいなあ。夢のようだなあ。下の子を風呂に入れ、上がって1人、ジャック・ダニエルで祝杯。
[PR]
by junbronson | 2007-09-30 13:46 | baseball
西武-日ハム戦を観戦に行く。
f0098741_17491777.jpg 今年は春からずーっと忙しかったおかげで、気がつけばプロ野球観戦が今季初なんである。まあプレーする方になったこともあって観に行かれる日も減ったってのもあるんだけど、東京ドーム3試合位は行きたかったなあ。
 オーライ夫妻は7時頃ということで球場内で待ち合わせ。オレも仕事やなんかで6時半到着。本拠地最終2連戦ということで内野自由・外野自由席とも¥1,000-だそうだ。でもまあ外野の空き地でダラっと観戦。座った途端に金子が先攻の2点タイムリー。その後L和田に2本のソロHを浴びるが、その後はL岸・Fグリンともに抑える。岸は良いピッチャーだな。全くヒットが打てん。グリンは毎回安打を打たれるが何とか凌ぐという展開。7回裏に押本に代わり、いきなり銀仁朗にホームラン。次を四球に出してあっさりと金森に交代。f0098741_084777.jpg
 しかし次の8回表、四死球のランナー2人をおいてセギが2点タイムリーで見事に逆転。何と4安打で4得点という、まさにファイターズスタイルのゲームだった。ビールや持参の紙パックワインと色々ツマミで盛り上がる。SBが千葉ロッテに負けた掲示でさらに大盛り上がり。M3だ! f0098741_010235.jpg
 試合後、小平駅に寄り、なつかしの「カッパ屋」元主人の店を探して入る。でもそこはもう何代か後の経営者の炭火焼屋になっていた。時間が遅かったので生ビール1杯と焼き鳥で退散したが旨かったのでOKである。次回、近日中に国分寺にて会合ということで解散である。
[PR]
by junbronson | 2007-09-29 00:21 | baseball
連休中の仕事と素振り。
f0098741_1233436.jpg 3連休も何も変わらず仕事なんである。金、土と風邪でダルかったせいで仕事が進まなかった。とあるショップのショルダーバッグを大至急で製作してたんだが、これがまたややこしい作りで、使うナイロンが作りと裏加工が合わなくてゴムのりが利かず非常に大変なんである(しかも下代出しなので安い)。本来の〆切をとっくに過ぎ、出来れば連休前にと製作したが結局日曜に出荷。何ともなあ。
 それを済ませ、途中いくつか絵型を描いて、先日のバケツバッグである。昨日、今日とハンドルやマチを作りあれこれとコバ塗り。多忙のせいか風邪はいつの間にか治った模様。根性か。
 2日ほど休んでた素振りを再開。雲の合間から見える月に向かって素振りである。そんなこんなのこの頃、ファイターズはホークスとの2連戦を1敗1分けでM6。あと少しで幸雄のサヨナラヒットになるところだったのになあ。
[PR]
by junbronson | 2007-09-26 01:42 | bag
急遽、裁断と革漉作業に行く。
f0098741_193346.jpg H社からバケツタイプのバッグが急遽来週中に2本仕上げなければならなくなり、少しでも時間を節約するということで急遽、革の裁断と革漉きをしに行くことになった。オーダーで手一杯なのだか仕方がない。後で完徹が続くのもやだしな。で、浅草橋で午後イチで待ち合わせ、堀切の工場へ車で向かう。また一角をお借りしてダーっと革を荒断ちする。漉きの厚みで分けて今度は三ノ輪方面へ。革漉き屋に寄って大至急で漉いてもらい、それらを持って三ノ輪駅で解散。昼を食う時間がなかったので4時頃になって松屋へ駆け込む。帰りがしんどかったのは風邪がちょっと悪化したせいだ。写真は革漉き屋の前の空き地にて。
[PR]
by junbronson | 2007-09-21 23:59 | bag
田中幸雄・引退挨拶
 19日の東京ドームは、今季のそして田中幸雄の東京ドームでの試合も今日で終わりである。何としても駆けつけたかったが、やはり仕事が押していてどうにも出掛けられなかったんである。泣く泣く仕事しながらTV観戦をする。そういうオールドファンには何ともたまらない試合であると同時に、ダルビッシュvs田中将大の若きエース対決でもあり、何か特別な雰囲気が漂っているように画面からも感じられる。
 試合はダルが圧巻のピッチングで格の違いを見せた。我らが幸雄は7回裏に代打でネクストバッターズサークルに登場した時から場内の空気が一変し、ものすごい感情の圧力がかかったような熱気はTVでも充分に感じられるものだった。そして技ありのライト前タイムリーヒットを決め、さらには田中賢介のランニングホームランで得点も上げた。割れんばかりの拍手と声援であった。とうとう引退かあ。引退の挨拶では「温かいファンの声援をいただき、本当に幸せな野球人生でした」という言葉を再三繰り返した。いや、僕らこそ幸せな野球観戦人生です。残りの試合も全部出て欲しい。CSも日本シリーズも活躍して下さい。
[PR]
by junbronson | 2007-09-20 23:59 | baseball
連休中
 週末、ちょっとダルい感じ。バーキン2型の製作に追われる。その間に別の裁断とかオーダーメイドの型紙作成などもこなす。
 日曜日はソフトボールだったんだ(それはもう楽しみに)が、団地の清掃作業がいつもの倍・2時間みっちりあり、おまけにバッグ製作の方も急ぎが入っているのでなくなく断念していたのである。腹いせに(なってないけど)草むしりを他人の3倍こなす。誰にもほめられないけど。そんなこんなで腰が痛い。クソっ。どうやら体が痛いのは風邪引きのせいだったらしく、午後は本格的な風邪でシンドイ。でも仕事も十分あるので頑張って行動。ノド痛い。
 月曜にはインナーケース10本の製作。バーキンが糸の番手でいうと5番で太いんだが、インナーケースは30・20番で細め。こういう違いによるミシンの微調整がちょっと面倒なもんなのである。頑張って今日中に作りたかったが風邪で遅れた。
[PR]
by junbronson | 2007-09-17 22:43 | daily life
仕事仕事。
 土曜も日曜も関係なく仕事である。仕事仕事。暑い暑い(玉木正之氏のブログか)。
 大阪の新婚様が披露宴で母に贈るということでオーダー頂いた手提げバッグが完成。本日写真撮影して発送する。こういうドラマチックなオーダーもたまにあるんで面白いんだな。ご多幸をお祈りしたい。f0098741_2423494.jpg
 続けて、ちょっと製作が遅くなってヤバめのバーキンを2本製作。コバ塗りをしまくってハンドルやマチを縫製。その合間にまた別のインナーケースの裁断を10本分しまくり、絵型とか見積りとかメールとかをいろいろ。
 かみさんは主体展を観に上野へ出掛ける。長いこと観に行っていないけどオレは行かれるかな。上手い具合にメーカーの打ち合わせが入ればなあ。
 日曜の夜もコバ塗りなどなど。先週分の『特捜最前線』2本を観ながら3時半までは作業する予定(今その途中で書き込みしてるんである)。
[PR]
by junbronson | 2007-09-10 02:47 | bag
残念なニュースが2件。
残念なニュース。
『日本ハム・ヒルマン監督が今季限り退任へ』
 日本ハムのトレイ・ヒルマン監督(44)が8日、本拠地札幌ドームでの西武戦後に会見し、今季限りでの退団を発表した。今年で監督5年目で家族と長期に渡って米国との二重生活を余儀なくされ、子供の教育問題などを理由に挙げ、球団からの慰留要請を断った。
[ニッカンスポーツ2007年9月8日抜粋]

 シーズン終盤での異例の発表で、残念である。就任当初はファンの間でも賛否いろいろあったけど、間違いなく最高の結果を生み出してくれた監督である。でも長期契約を願うのは確かに彼にとって良いとは言い切れないことは充分理解出来る。日本ハムがヒルマン監督獲得と同時にMLBスタイルの球団戦略も取り入れて来ているのならば、ヒルマン監督が去った後も球団としてのスタイルはこのまま維持して行くと思われ、ガタガタっと弱くなることはないだろう。残りのシーズンを最高の形で締めくくってテキサスに送り出したいと思う。

非常に残念なニュース。
『日本ハム田中幸「去就ゆっくり考えたい」』
 7日に日本ハムから来季以降の選手契約を結ぶ方針がないことを伝えられたベテラン田中幸雄内野手(39)が、態度を保留した。球場入りした際、サバサバした表情で「自分としてはあと1年くらいと考えていたけど覚悟はしていた」と口にした。「他球団でプレー? それはないです」と言い切り、コーチ就任の要請を受けたことについて「これからゆっくり考えます」と話していた。[ニッカンスポーツ2007年9月8日15時21分]

 こちらはとんでもなく残念。まだまだ充分にプレー出来る。今でさえミッチ・ジョーンズを使うならば幸雄スタメンの方が10倍良い。これはちょっと冗談ではなくもったいない上に失礼であると思う。彼の作り上げて来た実績もさることながら、選手たちからの慕われぶりや野球に対する真摯な取り組みをみても、本人から引退を決めるまで選手登録を続けても何ら支障はないのではないか。本人も口にしているようにあと1年か2年のことではないか。今期だって信じられない低い年棒ではないか。今ほど本気で球団運営をせずお客も少なかった時代を一体誰が支えて来たのか。セ・リーグに移籍すれば今の比ではなく人気選手になれたものを、そうはせず誰がハム一筋に頑張って来たと思っているのだろう。
 ここ3〜4年の起用のされ方が違っていればこんな風には思わなかったかもしれない。とにかくもったいないんである。次の試合から全部スタメンで使え。もう来季彼のプレーが観られないのなら。
 あ、これもMLBスタイルの球団戦略の一つの現れなのか。そういうとこドライにしていくのか。
[PR]
by junbronson | 2007-09-09 02:15 | baseball
台風接近中。
 2学期が始まり、通常の日程になる。水曜・金曜は下の子を養護学校へ送る日である。台風が接近中なので、朝から本降りになったり急に止んだりしている。車に乗せる9時前頃にはちょうど上手い具合に止んでいてちょっと助かる。先生に引き渡した後、帰りに書店に寄って息抜き。まだ本日の仕事は始めていないけども。
 今日はバーキンの裁断とコバ漉き、それとインナーケースの芯材などの裁断を主に進める。昨夜、というか今朝は5時まで徹夜してたんでべらぼうに眠い。昼飯は作る元気がなくホントにちょっと残ってたシチューと食パンで済ませて昼寝。午後からも気持ちダルめなまま、ローテンションで作業する。何か型紙をちょっと直したり仕事メールの返事、見積りなどで何となく夜になってしまった。ここんところ作業が低空飛行で宜しくない。
 Bu-Fs戦。契約チャンネルでの中継がないので観られなかったが、ダルビッシュ凄いな。8回2安打で今日は0-2で完封リレーだよ。
 いまはどしゃ降りだな。明日は学校どうなんだろうな。
[PR]
by junbronson | 2007-09-06 02:32 | daily life