<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
幸雄の代打満塁ホームランに歓喜
f0098741_4475615.jpg
 金字塔まで9本!日本ハム田中幸が満塁弾
<楽天2-10日本ハム>◇28日◇フルキャスト宮城

 日本ハム田中幸雄内野手(39)が、6年ぶりの満塁本塁打で試合を決めた。3点リードの7回2死満塁から代打で出場し、有銘の変化球を左翼席最前列へたたき込んだ。01年8月13日近鉄戦(東京ドーム)以来となるプロ通算6本目のグランドスラムで、本塁打も2年ぶり。記録達成が迫っている2000本安打へも、ついにひとけたに突入、残り9本とした。「入るとは思わずにビックリした。(自分が)一番、驚いています」とおどけながら、うれしさをかみ締めていた。
[ニッカンスポーツ2007年4月28日18時26分]

 幸雄グッジョブ!!そうか、満塁ホームランは6年ぶりか。ホームラン自体久しぶりだよな。何だか打つ気がしたんだけどまさか入るとはな。6連敗のあとの2連勝で嬉しかったけど、今日はこれが何より感動した。あと9本だよ。今年で良かったなと思う点は、今年のチーム事情なら2000本達成後もスタメンでも使ってくれるだろうということだよな。最近数年の幸雄の使われ方には納得のいかないところも多々あるんだけど、まあそれを言っても仕方ないしね。とにかく記録は単なる通過点なんだから。
打率はイマイチだけどプレーの若々しさは決して変わっていないよ。
[PR]
by junbronson | 2007-04-29 05:03 | baseball
古本購入いろいろ
f0098741_4322989.jpg やたらと安い古本を買うクセがある。クセじゃないだろ。バッグの製作がシンドくなると近所の「ブックセンターいとう」に逃げ込むんである。amazonでネット購入もたまにする。amazonは古本に関しては¥1-なんてのもあるんだけど、1冊ごとの発注になるので、何冊も買うと送料がとんでもないことになる。その点に限るとLivedoorブックスの方は古本はあまり安くない設定だけど新刊・古本関係なく¥1,500-以上で送料はタダである。今は送料無料サービス中なので素晴らしい。
 最近はこれらの本を手に入れた。全て古本で申し訳ないね、合計¥1,300-くらいかな。W・P・キンセラの短編集、藤田嗣治の伝記本、堂場瞬一の小説、町田康、西洋美術史などなど。
[PR]
by junbronson | 2007-04-28 12:59 | daily life
木香薔薇満開
f0098741_4281237.jpg
 モッコウバラが満開中である。
[PR]
by junbronson | 2007-04-27 23:59 | daily life
グラヴ新旧
f0098741_434363.jpgf0098741_435939.jpg
 野球をやろうということで、先日のトライアウト前にグラヴを購入した。所有していたものは大学1年の夏頃だったかに買ったもので、もう何年だ?24年くらい前か。グラヴのパイピング部分がもうボロボロなんである。時おり公園なんかで壁投げだとか息子とキャッチボールしてるのでコンディションが悪いほどでもないけど、このボロボロさ加減はなんともなあ。いろいろ検討してRawlingsの外野手用・ケン・グリフィーJr.モデルってヤツを¥11,000-ほどで購入。わはは、いいねこういうの手に入れるのって。今までのは一般的なピッチャー用なのだが、外野用って感じがかなり違うのだなと実感。
[PR]
by junbronson | 2007-04-26 23:59 | baseball
ボブルヘッズのトライアウト
 スローピッチソフトボールの綱島ボブルヘッズというチームのメンバー募集があって、トライアウトに参加したのである。横浜の神ノ木公園球場。横浜線大口駅から徒歩7分ほど。遠い。
 今まで一度たりとも野球チームに入ったことはないので、出来るも何もあったもんじゃないんだが、ここ数年停滞した感のある生活サイクルを変えようと思ったんである。何かこう体を動かさなきゃ。というタイミングでこの募集があっての参加である。ノックを受けたりなんてのはそれこそ20年ぶりなので、予想通りだけどヘロヘロの惨状である。皆には黙ってたけど途中で足を痛めてしまって、フライを捕るのもゴマ化しゴマ化しである。端から見ればノロいおっさんだ。足が弱っちまってヒドいもんだ。こりゃあ続けるにはまずは走らなきゃならない。
 帰りは駅までメンバーの車に同乗させてもらって(すし詰めで)何人かで帰る。あまりに足が痛いので渋谷で消炎剤(インドメタシン配合ってやつ)を買ってトイレで塗って帰る。
 
[PR]
by junbronson | 2007-04-22 21:47 | baseball
デッサン・豊田泰光遊撃手
f0098741_2148238.jpg 豊田泰光遊撃手 西鉄ライオンズ 1955年
(西鉄ー国鉄・サンケイ)
 水戸商業高校では四番・遊撃手で甲子園大会に出場し超高校級スラッガーとして注目され、1953年西鉄に入団。遊撃手のレギュラーとなる。三原脩監督のすぐれた選手起用により強打の2番打者として成長した。その年新人王を獲得。翌1954年に初優勝を遂げ、56〜58年には日本シリーズ三連覇を達成し、西鉄黄金時代を築く。当時の主力には他に中西太、仰木彬、高倉照幸らがおり、「野武士軍団」と呼ばれていた。
 1963年国鉄へ移籍。主に代打・一塁手として活躍した。勝負強さは健在で、引退前年の68年には二試合連続の代打サヨナラ本塁打を記録(しかも同じ中日・山中からという珍記録)した。
現役引退後はニッポン放送で解説者となった後、近鉄で1年間(72年)コーチを務めた。73年以降は評論活動に入る。また、フジテレビ、文化放送、スポーツニッポンの野球解説者をつとめている。球界の様々な問題点に切り込んだ辛口な批評で知られ、『風雲録 西鉄ライオンズの栄光と週末』『オレが許さん!』『サムライたちのプロ野球』など著書多数。
 西鉄黄金時代の代名詞であるNLマークを、三原監督と共同でデザインしたことでも知られている。
[PR]
by junbronson | 2007-04-19 22:46 | art
スワロースのグッズカタログ
f0098741_139568.jpg コラムニストの綱島理友さんのHPで、東京ヤクルトスワローズのグッズカタログ編集を担当しているのを知って(去年は知らなかった)、早速カタログ請求しておいたのだが、先日それが届いたのである。
 良いですね。L.L.Beanテイストのイラストカバーがイカしてます。綿谷寛画伯であります。こういうセンスは日本のプロ野球界には今まであまりなかったから嬉しい傾向なのである。
 ユニフォームもBEAMSデザインになってちょっと良くなったし、キャップはNewEra社製ときた。他のチームもそうだけどトレーナー・Tシャツなど街で着られるデザインが増えたよな。まあ、相変わらずハッピや団扇やキーホルダーなんてのもてんこ盛りなんだけど、昔に比べればね。
 余裕ができたらレプリカユニ買おうかな。キャップもなあ、「YS」じゃなくて「TY」で新しいデザインになったら良いのになあ。
[PR]
by junbronson | 2007-04-18 23:59 | baseball
木香薔薇と野蒜。
f0098741_20315087.jpgf0098741_203294.jpg
 木香薔薇と野蒜。漢字で書くと何か凄いな。自治会の掃除の日で、朝1時間ほど草むしり。うちのベランダまわりにノビルが生えていたので採取したら結構あった。

 うちは仕事部屋の小さなベランダにモッコウバラを植えていて、今年も花が咲いた。ほとんど手入れという手入れはしていないが、何やら見事に育っているのである。

 午後は仕事をしつつ野球中継でハム-楽天を観戦。2試合連続完封負けとドン底状態だったチームも、ようやく打線が繋がるようになり昨日今日と復活。今日は大量18点も取り大勝である。岩ちゃんの解説も物真似まじりで冴えていた。
 夕飯時にノビルを味噌でいただく。思ってたよりクセがなく美味かった。
[PR]
by junbronson | 2007-04-15 21:10 | daily life
お礼状と写真
f0098741_1148185.jpg 先日製作した新小学1年生のためのスクールバッグ、お客様からお礼状と写真が届いた。入学するのでスクールバッグをというオーダーが3名程続いたが、最近はランドセルじゃなくていい学校も結構あるようだ。
 スクールバッグは子供のバッグなのであまり高く出来ないし、かといってデイリーユーズなのでなるべく丈夫にしないといけないため、見えない部分で色々と丈夫な作りを必要とする(ランドセルにはかなわないけどなるべく長く保たないといけないし)。儲けとしては低いのだが、このようにお礼のメールなどが来ると、良かったなと思う訳だ。
[PR]
by junbronson | 2007-04-08 11:59 | bag
湯谷温泉旅行。
 旅行の写真をいくつかUP。
f0098741_14333061.jpgf0098741_14402094.jpgf0098741_1440230.jpgf0098741_1441256.jpgf0098741_1785852.jpg
f0098741_14411534.jpgf0098741_14412798.jpg3家族・総勢13名での身内の旅行。ホテルは食事も風呂も大変よろしかったです。付近を走るJR飯田線は単線で、まるで鉄道模型のジオラマのようにこじんまりとした景色で風情があります。宇連川に架かる吊り橋やダムに行ったあとは長篠城跡へ。いかにも小規模な田舎の城だったのでしょうか。
 昼食後は湯谷温泉を離れ、隣の静岡・浜松へ。竜ケ岩洞(りゅうがしどう) という鍾乳洞に入ります。一番奥に落差約30mの滝があり壮大な景色です。地底滝としては日本で最大級の規模だそうです。ここで3家族わかれて一路東京へ。東名は秦野中井での事故渋滞のおかげでエライ大変でした。
[PR]
by junbronson | 2007-04-05 17:21 | daily life