<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
坪井選手に戦力外通告
 日本ハムは、坪井智哉外野手(32)に対して来季戦力外を通告したことを29日発表した。ここ2年程の成績や、今年の怪我の具合を考えた上での結論なのだろうと思うけど、戦力外というのはかなり意外に感じる。来年は新庄も抜けて外野手のレベルを考えると決して不要だと思えない。トレードというならまだ理解できる。球団としても利益のある選択になるんじゃないかと思うんだけど、何かマイナス要素がまだあるのだろうか?怪我の方もプレーオフに滑り込みで一軍復帰した位だから問題ないだろうに。「坪井デー」など、ファンサービスにも努めてきた選手だし、来季の期待があっただけに大変残念だ。他球団が獲得するだろうことは充分考えられるレベルの選手、やはりトレードにして欲しかった。
[PR]
by junbronson | 2006-10-30 12:03 | baseball
野球選手モチーフ
 ここのところ、抽象作品はさておいて、プロ野球選手をモチーフに作品を描いている。ここ何年も人物画を描いていないおかげで、ずいぶん下手になってるという軽い衝撃を受けつつ、デッサンなどをチマチマ描いているのだ。それに、イラストを目標にしている訳じゃないのだが、どうしても似てるか似てないかという所に気がいってしまうので、そこに捕われずに、でも誰だか分かるように、色々作風を練っている感じだ。写真は日拓ホームフライヤーズ張本勳選手1973年。f0098741_11431365.jpg
[PR]
by junbronson | 2006-10-30 11:51 | art
新庄の名言
「札幌ドームは僕にとって空き地なんです。小さい頃に空き地にみんなで集まって、暗くなるまで野球を楽しんで遊んでいた。ここのロッカールームに集まって、チームメイト達といつも小学生のようにバカな話で楽しんでいるのが、あの頃の空き地で遊んでいる時と同じなんです。」
[PR]
by junbronson | 2006-10-28 16:08 | baseball
日本一!ありがとう!!
「日本ハム、44年ぶり日本一」
 プロ野球日本シリーズの第5戦は、日本ハムが4—1で中日を下して4連勝で4勝1敗とし、前身の東映時代以来、44年ぶりの日本一となった( 時事通信2006.10/26、札幌ドーム)
f0098741_18482996.jpg
 
日本ハム−中日第5戦
(日本ハム4勝1敗、18時12分、札幌ドーム、42030人)
中 日 000 100 000−1
日ハム 000 012 01×−4
▽勝 ダルビッシュ2試合1勝1敗
▽S マイケル中村4試合3S
▽敗 川上2試合1勝1敗
▽本塁打 セギノール2号(2)(川上)稲葉2号(1)(久本)

 やった!勝った!!本当に日本一になっちまった!!!嬉しすぎてどうすりゃいいか分からない。
 今日も遥か東京の我が家からTV観戦での応援だ。稲田の鮮やかな二塁打も、金子会長の気迫のスクイズもシビレた。賢介のヒットに続く、あの場面での盗塁は凄いの一言だ。本当に素晴らしい。セギノールのホームランはもう言うことなしだ。稲葉に至ってはシリーズ通して最高のMVPだ。f0098741_045129.jpg
 今はもう選手、スタッフに感謝の気持ちでいっぱいだ。新庄は素晴らしい花道を迎えたものだ。三十数年の長い間、ファイターズファンでいられて良かった。ありがとう!
f0098741_1175772.jpg
[PR]
by junbronson | 2006-10-27 10:59 | baseball
王手!!!
f0098741_1594552.jpg
日本ハム3−0中日 第4戦 日本ハム3勝1敗 札幌ドーム

 金村にとって重いゲームにならなきゃいいと思ったけど何とか力を発揮出来て嬉しい限りだ。あの時と同じような状況の4回2アウトの場面でマウンドへ行ったヒルマン監督。激励の言葉をかけてスッと戻って行く姿を見て彼は役者だなあと思った。泣かせるね。
 稀哲・賢介の1・2番コンビと、先発・中継ぎ・抑えが完全に機能している現在、全く負ける気がしない。
[PR]
by junbronson | 2006-10-26 20:31 | baseball
シリーズ2勝!!
f0098741_1223722.jpg
日本ハム6−1中日 第3戦 日本ハム2勝1敗 札幌ドーム
 北海道に戻っての第3戦。初回に今期の典型的な攻撃による、森本ヒット・田中賢介バント(野選で1・2塁に)のあと、小笠原のシリーズ初安打となる逆転2点タイムリー二塁打によって先制!歩かされたり、良い当りが正面を突いたりと、今ひとつ調子の出なかったガッツだっただけに本当によかった。
 今日はDの朝倉も立ち上がり以外は素晴らしかったし、Fの武田勝も要所を締める良いピッチング。続く武田久-岡島-MICHEALみんながよかった!久のウッズ空振り三振、岡島の福留三球三振!シビレました。内容的には接戦といえる好ゲームだった。
 ゲーム後のコメント「ひとつひとつのプレーは“個人”だけど、それがつながっていくのが、今年のファイターズの野球。みんなで戦っていきたい」小笠原。良いこと言うなあ。あと何が良いって、レギュラーシーズンと変わらずゲーム後、みなでボールにサインをしてスタンドに投げ入れていたこと。こんなに簡単で嬉しいファンサービスでも、どこの球団もやっていない。
[PR]
by junbronson | 2006-10-24 23:59 | baseball
先日はどうもです。
個展最終日小山さん、こんにちわ。先日はありがとうございました。私も実はブログを始めまして(自分のサイトのスリム化を目指す予定です)、ちょっと紹介させていただきました。よろしくです。イトウジュン
[PR]
by junbronson | 2006-10-23 23:32 | art
日本シリーズ第2戦、勝利!
 気分的にダルかったので休み休みバッグ製作をする。現在スカパーで日曜午後に「ルパン三世(緑ジャケ)」を放送しているのが、せめてもの励みだったりする。

 今夜はシリーズ第2戦だ。八木は1・4回にソロHを打たれたが、その後自分を上手くコントロールして全く並のルーキーじゃない。昨日も今日も新庄が精一杯の笑顔で戦っている。これは本当に凄いことだ。7回の本塁激走は彼でなければ得点出来てない。逆転タイムリーを打ったのが金子だってのがまたいいな。八木・武田久・実戦がかなり空いているマイケルも上手く機能出来て本当によかった。
f0098741_2317169.jpg

日本ハム、逆転で1勝1敗に
[ニッカンスポーツ2006年10月22日22時34分]
<日本シリーズ:日本ハム5-2中日>◇第2戦◇22日◇ナゴヤドーム

 44年ぶりの日本一を目指す日本ハムがタイに持ち込んだ。22日、日本シリーズ第2戦は日本ハムが終盤に逆転して5-2で中日に勝ち、対戦成績を1勝1敗とした。

 中盤までは日本ハム新人・八木、中日のベテラン山本昌の両左腕の投げ合い。日本ハムは1-2の7回に金子の2点適時打で逆転し、さらに8回にセギノールの本塁打で2点を奪った。9回はシリーズ初登板となるリリーフエースのマイケル中村が締めた。

 第3戦は24日から札幌ドームで行われる。
[PR]
by junbronson | 2006-10-23 23:19 | baseball
日本シリーズ初戦など
 今日はうちの子の小学校の運動会であった。参加種目は騎馬戦と100m走。騎馬戦といっても安全のために多くの先生が周りで見守るような形で、荒々しくしないようになっている。自分の頃は相手をツブしにかかってたけども。
 日本シリーズ初戦は惜しくも負けた。何とかなりそうだっただけに残念だった。ダルビッシュは2回のウッズへの逃げた感のある四球が痛かった。しかし今日はそのこととは関係ない仕事のことで大変残念だったことがあり、がっかりな気分で初戦を観戦していた。
[PR]
by junbronson | 2006-10-21 23:59 | baseball
銀座でいくつか画廊へ。こじんまりと祝勝会。
 本当なら午前中には外出して、キネカ大森で映画・蒲田で友人の個展へ・銀座で友人の個展、というスケジュールを目論んでいたんだが、いつものように仕事がキリのいい所で終わらず、何となくぐだぐだなうちに3時すぎてしまった。仕方なく大幅に予定を変更し銀座へのみ行く。
 今日の目的は銀座フォレストで行われている友達の「小山ゆうこ展」だ。ネットを通じて知り合ったが、ムサビの同期だった。彼女は短油だったので当時は知る由もない。小山さんの作品はテンペラ画が特徴だ。個人的には幾何学的な模様を平面的に描いたものが画風にも合っているように思う。今回はレースのカーテンのようなゆらゆらしたものをモチーフにしていた。フォレストも入っている銀座奥野ビルはこじんまりした画廊が多く入っている雰囲気のいい古いビルで、他にLaMerや小野画廊2に顔を出す。
 今日のもう1つの目的が友人のタロー君とFs祝勝会なんだが、時間的にまだ余裕があるのでギャラリー2+に行く。[JIGA SCAN]Om Joosoo・Bae Sunok2人展という韓国人の若い女性(学生かなあ?)2人展を観る(会場写真)。お互いに気になっている部分や作風に近いものがあり面白い。f0098741_16553083.jpg
 ゆう画廊に着いた所でタローに遭遇。これから奥野ビルへ向かうというのでゆう画廊の「畑中優展」を観てから落ち合うことに。畑中氏の具象画人物の典型的なスタイルの1つともいえる、オーカー系というかセピア調というか、色調をかなり抑えた、独特の陰影が上手いなあと唸らせる。
 もいっかいフォレストに出向いて少々歓談のあと、近所にある宮崎料理の飲み屋「てげてげ」に行く。宮崎名物の鶏料理、たたきや炭火焼など、ボリュームがあって美味い。久しぶりに焼酎などを飲みつつ、ファイターズの話などに花を咲かせる夜であった。
[PR]
by junbronson | 2006-10-20 23:59 | art