<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
今年を素晴らしい最後にするためと受け取ろう。
f0098741_10324856.jpg

 GAORA中継で観戦していた。2回裏のホームラン談話が「28年間思う存分野球を楽しんだぜ。今年でユニホームを脱ぎます打法」。あーこりゃなんか言うな、とは思ってたけどさすがに驚いた。球場が満員になったらいつ辞めても良いというような発言は前にもしていたし、現役は今季限りだろうという予想もされていたので、引退それ自体はまあ驚きはないんだけども、なんで今日なのか?ってことだ。解説の金石氏もそこに触れて「言葉は悪いけど怒りを感じる」と言っていた。そりゃそうだよな。せめて今日じゃなくて札幌で活躍したときにするとかさ。準本拠地的なここでもおかしくはないんだけど。
 でもまあその後のベンチ裏での会見を観ていると、なるほどなあという気持ちになった。今日じゃなくても良かったけど、今期早い段階で発表することにはいろいろと意味はあるんだなと。新庄は目立ちたがり屋筆頭の選手だけど、その反面、ファンを喜ばせようというサービス精神は誰よりも強い。確かに今日のゲーム、チームバッティングよりも明らかにホームラン狙いの感が強い、自分が良ければ的なアクションだったし、この引退発言だ。新庄劇場と言われるよ。でも、それも含めて全部が観客動員に貢献しようというか今年いっぱいを面白いシーズンに、チーム一丸優勝を目指そうという力にしようという気持ちを感じる。決して自分勝手ではないんだと思った。きっと他の選手・スタッフは確実にそう思ってるだろう。
 コメントにもあるように、今季が一番いい成績を残せるかもしれない・見逃せない1年にするべく自分にプレッシャーをかけて、素晴らしい最後にするためと受け取ろう。

サンスポ記事
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200604/bt2006041901.html
[PR]
by junbronson | 2006-04-19 11:53 | baseball
日本ハム金村が暴行受けても続投し勝利
<日本ハム4-0ソフトバンク>◇16日◇福岡ヤフードーム

 スポーツニュースで観たが、ズレータへの死球は左腰に当たったとはいえ、直撃で危険だという程ではなかった。あれでキレられたらたまらない。しかし金村は凄かった。あの巨漢が突っ込んできたというのに全く後ずさることなく利き手と逆の左肩でタックルを受けたのだから。しかも続投してその回を抑えたのだから。

http://hokkaido.nikkansports.com/baseball/professional/fighters/p-hf-tp0-20060417-20043.html
[PR]
by junbronson | 2006-04-18 14:05 | baseball
手断ちの量産は大変
f0098741_104933.jpg


 急な、しかも至急のオーダーでどうしても作らなくてはいけなくなって、もう何度かサンプル製作していたフルートケースバッグを10本作っているのだ。
 これがまた扱いの面倒な素材で、ターポリンという素材のしかも厚手。そのターポリンの中でも世界一クオリティの高い素材だというシロモノだ。強度の強いナイロンを面裏とも特殊コーティングされているもので、強度は大変に強い。写真のように荒断ちした生地を重ねて裁断するのも一苦労なんだな。
 縦にも横にも全く伸縮しないので、縫製に至ってはそりゃもう腱鞘炎になろうかというものだ。胴版とマチを縫い合わせるのも、1本縫っちゃあ手をマッサージして、ってな調子で、縫製とともに指先の筋力トレーニングもできる。
[PR]
by junbronson | 2006-04-11 23:59 | bag
キャッチボール
f0098741_1494651.jpg


 最近うちの子は野球に興味が出てきた(やっとだ)。友達と時おり野球(三角ベースに毛が生えた程度の)をして遊んでいる。今日は近所のヒコウキ公園に散歩に行ってキャッチボールをした。何年か前まではへたっぴだったんだが、大体ちゃんとキャッチ出来るようになってきたので父親としては一安心である。
[PR]
by junbronson | 2006-04-09 23:59 | daily life
今期初観戦。
f0098741_18234491.jpg

東京ドームでのF-H戦を観に来ています。内野自由席の前の方に座ってもこのようにフェンスが邪魔で見にくいのだ。
[PR]
by junbronson | 2006-04-05 18:23 | baseball
マリンズの3連敗をバファローズ戦で取り戻す
 昨日のオリックス第3戦はESPNの無料放送のおかげで観戦が出来た。しばらくは気がつかなくて楽天−ソフトバンク戦を流していたのだ。5回表の押出し四球から観たけど、セラフィニはコントロールが悪く自滅のパターンだった。しかしこちらの江尻もいつKOされてもおかしくないくらい打たれていた。ある意味江尻らしいともいえるのだが、6回1/3で5点と内容は悪かった。木元、セギノールのホームランなど、まあそれまでに12点得点したから良いんだけど。そういう訳でこの3連戦は3連勝したけど、3連敗になったかもしれないくらい接戦だった。逆にいえば接戦をしっかりと勝利に結びつけたのでこの3連勝は大きい。その前マリンズ戦で3連敗してただけに。
[PR]
by junbronson | 2006-04-03 10:41 | baseball