襟付きユニフォーム
f0098741_19572142.jpg
新庄がアンダーシャツの襟を出したユニフォームの着こなしが物議を醸した。僕は結構良いんじゃないのという意見だ。新庄らしいと言えばそうだけど、意外とクラシックなイメージなのだ。1900年頃のアメリカではユニフォーム自体に襟付きというものがあったから。
f0098741_20221999.jpg
基本的に襟付きの方が正装に近い。ゴルフもそうだけど、ジェントルマンなスポーツは襟付きが正しいといえる。ベースボールも、ラウンダーズとかタウンボールといわれていたような初期はカラーの高めのシャツに時には蝶ネクタイ、ニッカーボッカーにサスペンダー、帽子なんていう格好で行われていたりした。だんだんユニフォームという服装になってきて襟もなくなってきたんだろう。
f0098741_20491846.jpg
まあそんなことはどうでもいいのだけれど、新庄の襟付きの着こなしは、まるで僧侶のように見える太いトルマリンループや、一昔前の金のネックレスや、パジャマのようにパンツの裾ののびきった履き方なんかよりはよっぽどスタイリッシュだ。マナー違反とはとても思えない。問題があったというなら、それは一人だけだったということだろう。襟付きのユニフォームを新たに考案しても良いなと思う。f0098741_20474740.jpg
[PR]
by junbronson | 2006-05-02 20:47 | baseball
<< 首位は気分がいい。 手染め合皮のトートバッグ >>